触れる。

少し前のことに向き合う課題がありました。
 
そこから何となく振り返っていたら、
今月で手術して丸6年だと気づきました。
あれから6年も生きたよ。
 
2,3年しか生きれないと思っていたのに、
何が起こるかわからないよね。
 
支えてもらったこと。
癒してもらったこと。
 
ありがたいなぁとつくづく思います。
 
 
 
触れて癒すことが私の原点ですが、触れると悲しみや苦しみ、ひょっとしたら病気も受け取ってしまうため禁止になりました。
過去生で施術をして死んでいますしね。
 
つらそうな人を見ると今でも触れたくなります。
できない自分にじれったさを感じたこともありました。
 
今は家族が私の横で転がった時だけ触れています。
 
もし、子どもさんやパートナーさんが疲れていると感じたら、背中に優しく触れてみて下さい。
 
最初はびっくりして拒否されるかもしれませんが、触れられる心地よさを感じたら自分から要求してきます。
 
 
触れる時は、基本的には “ 無 ”になります。
治してあげようとか癒そうとかは手からは伝えません。
ただただ優しく触れるだけ、動かすならゆっくりゆっくり。
 
 
私の場合は、いい機会なので、
娘だと、「いつも頑張ってるね~」「お疲れだね~」とか言いながら背中に触れたり、頭に手をのせたりしています。
 
言葉でキチンと認めてあげることも大事。
怒ることは簡単ですが、認めることに抵抗がでませんか?
 
 
そんなことを考えていたら、手がジリジリとしびれてきました。
充電完了って感じですが、自分の足でも触れておきます。
 
 
 

minoca healing

一悟術ヒーラー大山たか子@尼崎 バーストラウマ・インナーチャイルドを解消し「自分らしく生きる」ためのお手伝いをしています。 「満たされない」「不安」「何をしたいのかわからない」「何をやってもうまくいかない」など感じたことはありませんか? 一悟術ヒーリングで「癒し&気づき」を体験し幸せを見つけていきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000